活動報告

災害用特設公衆電話をご存じですか?
活動報告 · 22日 5月 2021
災害時には高齢者や障がいのある方、小さな子ども連れの家族、妊婦さんなど、様々なひとへの配慮が特に必要になります。そこに女性の視点を活用していこうと女性防災士会は活動しています。 5月19日、(公財)法人日本公衆電話会よりうすき女性防災士連絡協議会にマスク等の贈呈をいただきました。ありがとうございます。 贈呈式のあと、特設公衆電話(事前設置型)について説明をうかがいました。

4月24日 聖火リレーが臼杵を走りました(泳ぎました)
活動報告 · 26日 4月 2021
4月24日 聖火リレーが臼杵を走りました(泳ぎました)。 わたしは山内流の雑務スタッフでしたが、川を渡る姿に感動✨伝統は偉大です! 臼杵高校書道部が思いを込めて揮毫した「つながれ日本」と、「令」「山内流」3つの旗の両脇を紅白の花傘が飾り。聖火リレーが川を渡りました。 来年で200周年を迎える「山内流」は、城下という特有の背景から生まれ江戸時代からずっと継がれてきたもの。その「型」や「技」「心身の鍛錬法」などをどう後世につないでいくのか問われています。

私自身の制服に関する考え
活動報告 · 25日 3月 2021
今週の土曜日(27日)午後1時半から。臼杵市中臼杵のうえむらブレッドで「制服を考える会」がありますので気軽に参加してみませんか? というご案内をしたところ、私自身の制服に関する考えを聞かれたので、思いつくままに書いてみました。 私は、制服がなくても問題なく学校生活を送ることができるのが理想だとおもっていますが、なかなかそう簡単ではないようで。 周りの人に聞くと「制服があって助かった」「他人の目がとにかく気になる中学生の時期に、本当に着たいものなど選べない」などといった声も多くありました。 なので今のところ現実的にベストなのは、「ジェンダーに関係なく選べる標準服がある」環境ではないかと思っています。

臼杵市議会3月定例会報告:中学校の部活動を地域と共に充実させていく取り組みについて
活動報告 · 24日 3月 2021
ソメイヨシノも開花しましたね。臼杵市議会では3月定例会が開かれています。その内容を少しずつ紹介しますね。 私の一般質問の一つ『中学校の部活動を地域と共に充実させていく取り組みについて』は以下のようなやりとりでした。 質問の背景: 生徒数の減少などから、部活動のあり方や改革の必要性が問われ続けている。(先生方の長時間労働の原因になっていること、経験がない分野の指導を任されることが精神的な負担になっているといった声。生徒や保護者からの、希望の部活動がない、選択肢が少ないといった声など) 昨年9月文部科学省は "令和5年から段階的に休日の部活動を地域移行していく"という案を出しました。

3/27 学習会のお知らせ「制服や校則について考えよう・・・」
活動報告 · 22日 3月 2021
学習会のお知らせです 「制服や校則について考えよう 〜それは子どもたちをしあわせにするのかな?〜」って趣旨の学習会を開きます。 3月27日土曜日、午後1時半〜 場所は臼杵市中臼杵のうえむらブレッドです。(人数が増えたら場所変更の可能性あり) ゲストスピーカーは、福岡市の制服を標準服に導いた弁護士で、元警固中学校PTA会長の後藤富和さんです。

「中央地区防災避難訓練」に臼杵市議会として参加しました
活動報告 · 12日 3月 2021
みなさん、こんにちは! 東日本大震災発生から10年。昨日開催された「中央地区防災避難訓練」に臼杵市議会として参加しました。議会開会中に地震が発生したという想定です。

「5G✖️分身ロボットOriHime リモ-ト接客サ-ビス」に行ってきました!
活動報告 · 09日 3月 2021
大分県主催、「5G✖️分身ロボットOriHime リモ-ト接客サ-ビス」に行ってきました。いろんな感覚が刺激された良い体験でした。 わたしはアナログなので、IoTとかVRとか5Gとか、そういうのよくわからなくて。わからなくてもいいや! と思っていました。でもその考えを改めた。 わからない、と言って遠ざけちゃうと知るチャンスを逃す。もっと知りたいと思いました。 注文をとりお話ししてくれたのは、身長120センチほどのOriHime。 インターネットで他県から遠隔操作している、よりちゃん。「パイロット」と呼ばれるロボット操作者は全国各地やオ-ストラリアにもいるそうです。

「Marriage For All Japan – 結婚の自由をすべての人に」チャリティアイテムである「jammin 」のバッグが届きました
活動報告 · 02日 3月 2021
「Marriage For All Japan – 結婚の自由をすべての人に」チャリティアイテムである「jammin 」のバッグが届きました。 くつひもで、Standup for Equality って描いてるデザイン いいなあ✨ わたしは前回定例会で、臼杵市における「同性パートナーシップ証明制度」について質問しました。 同性パートナーシップ証明制度とは. 法律上、婚姻が認められていない同性のカップルが、お互いを人生のパートナーとして宣誓することで、公に認められたパートナー関係であるという証明書を自治体が発行するものです。

小さい頃から性についての話しが親子で自然にできたらすてき
活動報告 · 28日 2月 2021
おはようございます♪どんな日曜日ですか?今日みたいに冷たい雨が降っているような日は読書などもいいかもですね〜。 臼杵図書館で借りたマンガ2冊から「おうち性教育」をご紹介します。 おしり〜、おちんちん〜子どもがふざけ始めたらそれがタイミング。おうち性教育=子どもを守るための教育です。 学校で教える「性教育」の範囲はとても狭い。一方で、インターネットで性の情報(商業目当ての誤ったものがほとんど)に簡単につながることができる。子どもが性の対象になった事件も多いし不安ですよね。

臼杵市議会教育民生委員会で市内の小学校を視察
活動報告 · 14日 2月 2021
臼杵市議会教育民生委員会で市内の小学校2校を視察させてもらいました。 6年の教室ではタブレットを使った「話す・聞く」の授業。『これまでを振り返り、これからを思い描いてみんなに伝えるスピーチをしよう ! 』それぞれが自分専用のタブレットで写真や手描きイラストなどを見せながら思い出や夢を語っていました。小規模だからこそのきめ細かい指導や地域とのあたたかい関わり、Zoomでの他校との交流などの様子も聞くことができました。

さらに表示する